iPhoneの変化

iPhone端末がこの世界で初めて発売されたのは2007年のことでした。今から10年以上も昔に発売されたiPhoneは、世界発のスマートフォン端末として大きな話題を呼び、これまで「ガラパゴスケータイ」と呼ばれてきた携帯電話とは一線を画する機能性を充実させ、多くの人を震撼させました。iPhone端末の特徴と言えば、独自のユーザーインターフェースにより、ホームボタン一つだけしか物理的なボタンを設置せず、ほぼすべての機能をタッチパネルを利用した直観操作に統一させている点です。これまでボタンで文字入力をしてきた携帯電話とは違い、タッチパネルで文字入力からスクロール、すべての動作を行うという特徴は、iPhone初代が発表された2007年から今までずっと変わりません。

iPhoneは発売から10年以上をかけて様々な新機種が発売され続けてきましたが、iPhone独自のユーザーインターフェースや機能の根幹部分は、初代から大きな変化は見せていません。つまり初代から数十年にわたって使い続けられる機能性が、すでに完成されていたと言えるでしょう。とはいえもちろん、これまでの10年間でiPhoneにもいくつかの変化や改善点は見られます。たとえば画面のサイズや解像度、画質のクリア感などはいくつも向上されています。初代iPhoneと今の最新iPhoneで同じ写真を撮影すれば、その画質差は目に見えてわかりやすいものでしょう。画質の他にも、初代iPhoneには実現できなかった便利な機能が多く、最新iPhoneで搭載されています。意外と知られていない、初代iPhoneと最新iPhoneの機能差についてご紹介します。

■管理者参考サイト
iPhoneの性能面で見れば、当然のことながら以前よりも充電持ちがよくなっています。ただ、一般的に1年半ほど経つと不具合が見られることも多いので、充電持ちが悪いなどの症状がある方は、こちらのサイトをご参考ください ⇒ iPhone 充電

Copyright ©使いこなせば便利。初代にはなかったiPhoneの機能, All rights reserved.