アプリストアの有無

今のスマートフォンには、iPhone端末やAndroid端末を問わず、アプリストアから気軽に好きなアプリケーションを探してダウンロードやインストールができますよね。これによりスマートフォンを使うユーザーたちは、自分のスマートフォンを自分好みのアプリケーションでカスタマイズし、自在に使用できているわけです。ところが初代iPhoneには「アプリストア」と言われる機能は存在していませんでした。購入したiPhone端末に搭載されているアプリだけで機能が完結しており、たとえお金を払って購入しようとしても、新たにアプリをインストールできる環境ではなかったのです。

それでは初代iPhoneにはどんなアプリがインストールされていたのか。基本的なメールアプリや電話アプリをはじめ、インターネットを利用するためのブラウザとして「safari」などです。本当にインターネット検索と電話、メールといった基本的な連絡ツールぐらいしかインストールされていなかったのです。そのため今の最新iPhoneと比べるとできることの幅に大きな違いがありますし、自由度はあまり高く感じられないでしょう。今のようにアプリ開発が盛んにおこなわれるようなこともありませんでした。

Copyright ©使いこなせば便利。初代にはなかったiPhoneの機能, All rights reserved.