Siriの搭載

「ヘイ、Siri」と呼びかけるだけで答えてくれる人工知能を利用したアシスタント機能です。今やiPhone端末の代名詞とも言われるSiriの存在ですが、実は初代iPhoneにはSiriの存在はありませんでした。Siriの存在しないiPhoneなんて想像できない、という人もいるのではないでしょうか。SiriがiPhone端末に搭載され始めたのは2011年のことです。2011年に提供を開始した「iOS5.0」では、それまでiPhoneには存在しなかった多くの新機能が搭載されたことにより大きな話題を呼びました。Siriの存在もその中の一つです。Siriを利用することにより、話しかけるだけで手を使うことなく電話やメールを利用したり、インターネット検索を使用したりといった使い方ができるため、これまでiPhone端末を利用しようと思わなかったようなターゲット層にからも注目を集める形となりました。

Siriは「ヘイ、Siri」と呼びかけるか、ホームボタンを長押しするかのどちらかによって起動します。Siriの登場により、例えば予定を話しかけるだけでカレンダーアプリにスケジュールを登録したり、目覚ましやタイマーをセットしたりといった日常生活を便利にする機能が一気にグレードアップしました。現在は外国語Siriの精度や機能も向上し、外国語への翻訳や地図アプリを使った道案内、着信通知の読み上げといったことまでこなしてしまいます。

Copyright ©使いこなせば便利。初代にはなかったiPhoneの機能, All rights reserved.